○ AND MORE ○


何もない、何も見えない…
一人の人間が暗闇の中を進んでいる。
扉を開けては、同じ部屋を繰り返し、繰り返し…

今日も扉を開け、新しい部屋に入った。
いつもと同じ、あの部屋。

今日も同じことを繰り返す。多少の変化に目を輝かせて。
昨日も見た、あの石の花にまた、思いを寄せて。

無機質なそれは、意味を持たない。
本質を持たない。

それでもその人間は覚えていないのだ。
昨日も見たことを。
それに意味がないことを。
それが石の花であることを。

未来は見えない。過去も見えるようで見えていない。
その人間は、ただ進むだけなのだ。
まだ見ぬ未来を柱に進むだけなのだ。


死ぬまで消えない、石の箱庭。無機質な世界。


○包丁○

部屋に入ると、円になった場にさまざまなモノが置かれている。
その中心には、血のついた包丁。

この包丁は何の条件もなく調べると拾えるので拾っておくと良い。


○机○

机の下にはハンマーが落ちているので拾う。
上を調べるとメッセージが出る。謎解きに関係するのは二つ目のメッセージ。


「何度も見た。」

○ベッド○

布団の下にはライター、ベッドの下にはドライバーがあるのでそれぞれ取っておく。

先程の机のメッセージ「何度も見た」というヒントから、
ベッドの下を二回調べるとスイッチを発見でき、
タンスの下の引き出しが開く。


○CDデッキ(コンポでした;)○

横に落ちているCDを調べるとタンス上の扉が開く。
中にはくまのぬいぐるみがある。

先程取った包丁を使ってぬいぐるみを切ると暗号が書かれたメモが出てくる。
これについては後ほど。


○タンス○

上にも書いたがクマを切ると暗号メモが出る。

下の引き出しには鉄鍵がある。


○小さな箱○

小さな箱はネジと鍵で厳重に閉められている。
ドライバーと鉄鍵を使って開けると、
中から白い紙が出てくる。
これには何も書かれていない。

○黒いケース○

ぬいぐるみの暗号を解いて鍵を開ける。
暗号は、

「暗証番号メモ(重要): 忘れないように。
1・2はアシのかず ケタは四桁。3はハナのかず   
4はハのかず  かぞえよう。」

カタカナのところに漢字を当てはめる。
アシ→脚、ハナ→花、ハ→歯

それぞれのマップ上の数を数えればよい。
脚は机と椅子とベッドで12本。
花は1本、葉は2枚。

暗証番号は、「1212」
黒いケースの中にはCDが一枚と、大量の札束。
CDをデッキでかけると時計の音が鳴り出し、中央に鍵穴が現れる。


○テレビ○

ハンマーで画面を割ると中からオイルが出てくる。

オイルを使うとライターが使えるようになる。


○花○

ライターで燃やすと「白い紙」が「焦げた紙」になる。
文字が浮き出て読めるようになる。
メッセージには数字の羅列。

「(9,10,14,13,14,21,20) 過去の自分がまるで
(3,10,14,21,28) 他人のような気がして
(19,12,8,1,7,10,11,12,13)怖くなって下に隠れた。 
(5,12,16,23)     地面が揺れる。」

これとカレンダーを組み合わせることで最後の暗号を知ることができる。
数字の考え方は後ほど。

地面が揺れて隠れるのは机の下である。
このメッセージをみたあとに机の下を調べると床に文字が現れている。
「破れ。ちぎれ。」
この文字を見た後にカレンダーを調べるとカレンダーを破ることができる。
破ることで暗号が解読できるようになる。


○扉の出現○

ベッドの頭の裏の場所を調べるとメッセージが書いてある。
(CDデッキ横のCDの置いてある場所から1マス分下に動いた場所)

「短き針の先に立て。
扉への鍵はそこにある。
それすらも救いではないのだが。」

「短き針」とは時計の針のことである。
マップ全体を良く見るとわかるがマップ自体が時計の形になっていることがわかる。
(包丁のあった場所を中心に6時を指している状態。)

短針の先にたって調べると足元に鍵が落ちている。
その鍵をCDをかけて出現したマップ中央の鍵穴に使うと、扉が出現する。


○最後の暗号○

先程の暗号

「(9,10,14,13,14,21,20) 過去の自分がまるで
(3,10,14,21,28) 他人のような気がして
(19,12,8,1,7,10,11,12,13)怖くなって下に隠れた。 
(5,12,16,23)     地面が揺れる。」

この数字部分を見る。
ここでヒントになるのが、本棚の側面にかかれたメッセージ。

「日々が過ぎる。漂うな。転がるな。
指差せ、追え、日々。」

書かれた数字の日にちを指で追って(なぞって)みる。
4つの数字がうかびあがるはずだ。

扉の暗証番号は、「3141」
「4」はわかりにくいかもしれないが下から一筆でなぞる形である。

これを扉に入力するとエンディングとなる。
ちなみに「3141」という数字はどこかで見たことがないだろうか。
3.1415926535897932384626433 …

無限に続く円周率である。
終わりではない。これからも、その「人間」は進む。



○ AND AND MORE? ○

おまけ要素です。謎解きには関係ありません。

タンスの横を調べるとメッセージがでます。

「6421回目の今日

あと何回あるのかしら。
神様に聞けたらいいのにな。」

この数字には何の意味もありませんが、
これを調べた後にある場所を調べると
「声」が聞けます。
謎解きには関係ありません。遊び心です。
掲示板で聞かないでね。

また、花を燃やさずに扉を開けると…